◆ みなさんこんにちは。 吉田美和です。

 今回は私のボード人生を簡単にお話します。
 
 
 スノーボードに出逢ったのはかれこれ19年前。 当時勤めていた会社でスキー旅行に誘われて、20人くらいで長野県のエコーバレースキー場に行きました。

 私はスキーだったのですが、一緒に行った仲間のうちスノーボーダー4人いたのです。

 初めて見るスノーボード。おもしろそう!! と思ってボードをレンタルしてやってみたのが始まりでした。

 それからすぐに道具を揃えました。当時レンタルをしているところは少なかったので、自分の道具を持っていないと連れて行ってもらえなかったんですよ。 その年は何度かボードにでかけましたね〜
 みんな真剣で朝からリフトが止まるまでひたすら滑ったものです。
 
 すっかりボードにはまってしまった私は、翌年の冬前に
 
 
 「スノーボードが上手くなりたいから辞めます!」と会社を辞めて、知り合いのつてでエコーバレー近くのレストランに居候させてもらいました。
 
 
 職場のみんなから「大丈夫なのか?!生活していけるのか?!」と随分心配されましたが・・・(^_^;)
 
 その年からJSBAのプロ制度が始まり、プロや居候のボーダーで毎日一生懸命練習しましたね〜。

 アルパインに乗っていた人が多かったので、私もアルパインに替えてみんなと一緒にポール練習していたら、大会に出るようになり、バッジテストも受け、インストラクターに興味もあったので受検してインストラクターとしてゲレンデに立つようになり、そうこうしていたら・・・
 
 
 
 第1回テクニカル選手権が開催されたので出場してみたら何とデモンストレーターに認定されたのです。
 
 これは大変だ!上手くならなきゃ!!ってことで、月山へ篭りに行き、ひたすらコブを滑りました。
 
 
 振り返ってみるとあそこであの出会いがなかったら今の自分はいないな〜ということがいくつもあるのです。 自分がここまでスノーボードを続けてこれたのは出会った人々のお陰だと感謝しています。 人と環境に恵まれたんですね〜ホントに幸せ者です♪
 
 
 
 今は妙高山スノーボードスクールを開校し、春には月山でコブキャンプ・・・と長いシーズンを送っています。
 
 2006年の暮れに男の子を出産してからは滑走時間がめっきり減ってしまいましたが、子育てと両立させるべく頑張っています。 育児は楽しいけれど自分の時間が少なくなってしまうので、滑る時には集中して滑っていますね〜 ママボーダーには是非頑張って欲しい!!やっぱりスノーボードは楽しいですもんね〜♪ 何回か背負ったり抱っこして滑りましたが、ゲレンデが荒れていると衝撃がモロに子供にきてちょっと可愛そうでした(^_^;) まずはスキーデビュー!今シーズンはまだ早いかな〜。。。早く一緒に滑りたいですね!
 
 家族でスノーボードをされる方々も増えてきています。もっとたくさんの方にスノーボードをしてほしいですね!
 
 これからもボードをなが〜く続けていくためにも、雪が少なくならないように『温暖化STOP!!』をできることからやっていかなきゃ!と思う今日この頃です。 自然の恵みにありがとう\(^o^)/ さあ冬に向けてイメトレに励みましょう♪


                                                                 2008年9月1日
                                                                  
 
 
 
        
                                                              (月山にて)